毛抜き 恐怖の脱毛方法

ピンセットや毛抜きを使った毛処理の仕方について

毛抜きは広く女性たちに愛用されており、カミソリよりも今は人気があるのではないでしょうか?

 

しかし、生きた毛根をそのまま引っこ抜いていくと、将来的に恐ろしい後遺症が残るということを知っている人はあまり多くありません。
雑誌などでは毛抜きをするとムダ毛が生えなくなると語られ、嘘の情報が頻繁に流出しています。

 

そういった誤った情報を信じてしまい、そしていつか毛抜きの毛処理をしていたがために、とても不幸な目に、取り返しのつかない目に遭ってしまうことは明白。
毛抜きで毛を抜き続けているとどんな被害を蒙るのか、興味のある人はサイドバーに「毛抜きのせいで後悔した人たちの記録」を掲載しておきましたので、確認してみると良いでしょう。

 

体毛を抜く意味

ピンセットなどを使って引っこ抜く人は、お金をあまりかけたくない人たちが多いです。
美容意識の高い人で、お金に余裕のある人は多くが脱毛エステサロンや脱毛クリニックなどに通っていますからね。
どちらにしても、女性が綺麗になりたいという考えのもと、ムダ毛を処理することに変わりません。

後遺症などは将来、治るのか

これはハッキリしたことは分かりませんが、治る人は治るし、一生悩み続ける人もいるでしょう。
少しでも改善できない可能性があるのなら、毛抜きほどリスクのある脱毛はないと思います。
当サイトでも紹介している通り、若いころに毛抜きをしていたせいで、40代になっても未だに色素沈着などが治らず、後悔しているような人たちもいるのは事実です。

毛抜き以外の方法はどうか?

他には、「カミソリ・電気シェーバー」「除毛剤・脱毛クリーム・ブラジリアンワックスなど」「家庭用脱毛器」「エステでの脱毛」「病院でのレーザー施術」などがあります。
人に勧められるのはエステや病院での専門的な施術をしてくれる機関での脱毛で、基本的に自分で毛を処理するのはオススメできません。

 

 

脱毛という作業には基本的にどれも短所長所があります。
いわゆるエステ(脱毛ラボやエタラビや銀座カラー等)病院(湘南美容外科)はお金がかかりますし、脱毛をする箇所(脇脱毛やデリケートゾーン脱毛など)によっては激痛が走ることもあるでしょう。
しかし、その分、自分で間違った毛処理をするよりも遥かに効果が見込めます。

 

一方で、カミソリ毛抜き除毛クリームなどを使った方法は確かに手軽ではありますが、
徐々に肌にダメージを残していき、最終的に悲惨な問題を引き起こす可能性があるんです。

 

家庭用脱毛器は基本的にデメリットはありませんが、最初に機械を買うのに高額な資金が必要。
さらに、何か操作方法などを誤って間違った使い方をしてしまい、何らかの問題が発生したとしても、それはすべて自己責任。誰もあなたの代わりに責任を取ってくれる人はいません。

 

どんな脱毛方法を取るかはこれを読んでいるあなた次第ですが、
くれぐれも浅はかな考えで自分の脱毛方法を選ばないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る