なかなか抜けず、出血して赤くなりました

なかなか抜けず、出血して赤くなりました

まだ学生だったころ、部屋で一人毛抜きを使ってムダ毛を処理していました。
ムダ毛の処理の知識もないまま、ひたすら毛抜きを使って抜きました。
とにかく制服のワキから見えないようにしたかったのです。

 

左のワキは右手に毛抜きを持っているので、鏡を見ながらでも
比較的抜きやすいのですが、その反対側
つまり右側のワキの場合は、左手で毛抜きを持って抜くことになります。

 

右利きの私にとってとても大変で、鏡を見ているとこんがらがりますし
なかなかうまくムダ毛が挟めないのです。
何度も皮膚自体を挟んでしまい、痛い思いをしました。

 

また挟んだムダ毛は、生えいてる方向に引けば
それほど痛くもなく抜けるのですが、鏡越しのため
引っ張る方向も分からなくなり、つい力まかせに引っ張っていました。

 

何度も失敗し、ついには根元でブチっという感覚がして
うっすら血がにじんできました。

 

右側のムダ毛処理が終わるころには、あちこちで出血がありました。
その後に消毒をすれば良かったのですが、アフターケアのことなど
何も知らないので、そのままお風呂へ入りました。

 

しかしやはり皮膚が炎症を起こしていて、その日の夜と翌日は
ワキがヒリヒリとしていました。更に翌日になると今度はかゆくなりました。
ここで掻いてしまうと、さらに炎症がひどくなる、とそんな気がして
ひたすら我慢したことがあります。

 

大人になった現在も、毛抜きをメインにしてムダ毛の処理をしています。
学生のときと違うのは、アフターケアをしているところです。

 

40代女性 S.N.さんより


このページの先頭へ戻る