ワキ処理を毛抜きしたら大変なことになった話

ワキ処理を毛抜きしたら大変なことになった話

ずっとカミソリでムダ毛の処理をしていたのですが、カミソリだと男性のひげと同じで、
毎日処理をしないと、手で触った時にざらざらとした感触が出てきてしまいます。
そのため、毎日処理を行う必要があるのですが、毎日剃ると肌が傷ついて荒れてしまうような感じがするため、他に何か手軽な方法はないかと考えていた時に、思い立ったのが毛抜きで抜く方法でした。

 

まゆ毛と目の間の部分のムダ毛の処理は、カミソリでやっていたのですが、それほど痛みもない上に、
一度抜いたらなかなか毛が生えてこないため、しばらくムダ毛処理から解放されます。

 

私の中では、ワキの部分が悩みの種だったので、早速ワキのムダ毛処理を毛抜きで行ってみました。
鏡を見ながら一本一本抜くのですが、見えにくい上に、毛が短いせいもありとても抜きづらいんです。
しかも、ワキの部分は皮膚が柔らかいようで、結構痛いんです。

 

一度にワキの部分の毛を全部抜くのは時間も手間もかかる上に、痛みにも耐えられないため、
毎日少しずつ抜きました。

 

思いのほか綺麗になり大満足だったのですが、生えてくるたびに抜くという行為を続けていたせいか、
次第に毛穴に開きが目立つ上に、ワキの部分が黒くなってしまったではありませんか。こんなことなら脱毛ラボみたいな全身サロンへ通っておくべきだった・・・全身一発で綺麗になるならこちらをチェック。

 

これではノースリーブを着られる状態ではありません。さっさと脱毛しにエステまで出向いた方が良かったのでしょう。
毛抜きで抜くのは、失敗だなと思った瞬間でした。

 

40代 女性 H.A.さんより

毛抜きの使用に、ご用心

脇の下のムダ毛の手入れが、ずっと悩みのタネでした。
美容用シェーバーで剃っても、断面が黒ずんで余計汚く見えました。

 

ある時、「毛抜きで抜くと毛が生えてこない」という記事を見ました。
これは良いと思い、さっそく家にあった毛抜きで抜いてみました。
最初の1本を抜くと、痛いのなんの、思わず身震いするほどでした。

 

しかし、抜いた毛の先には毛根のようなものが付いているのです。
もしかしたら、本当に生えてこないのかもと、期待を感じました。
痛みをこらえて、もう数本抜いてみました。
抜いているうちに、だんだん痛さにも慣れてきたのか、抜ける面白さも感じました。

 

そんな感じで毛抜き脱毛をしばらく続けていると、目立ったムダ毛がなくなりました。
しかし、脇の下の皮膚が赤くミミズバレのようになっているのです。
ヒリヒリ痛むので、スキンケア用品を塗っておきました。

 

赤い腫れは引いたものの、肌は鳥肌状態にブツブツが残り汚い表面になってしまいました。

 

暫くすると、生えてこないはずのムダ毛が、一斉に生えてきました。
しかも、なんだか剛毛になっている気がします。
抜いたことで皮膚を刺激してしまい、より強度の強い毛が生えてしまったのです。

 

むだ毛が生えても肌は鳥肌のまま治らず、絶対にノースリーブが着られない脇になってしまいました。

 

肌がデリケートな脇には、毛抜きは使ってはいけないと思いました。

 

40代女性 K.M.さんより


このページの先頭へ戻る