ビューティーブログ

コスメ代をさくっと稼ごう!おすすめの在宅お小遣い稼ぎ

本ブログの読者さんたちは、コスメ大好き、美容大好きな人が中心だと思います。コスメや美容の世界って、はまると楽しいんですけど、ある意味底なし沼と言うか…。お金がいくらでもかかってしまいますよね…。ハマればハマるほど、欲しいものが無限大に増えていきます。そんな時、在宅で少しでも小遣い稼ぎができたらいいと思いませんか?

化粧

オンラインでも楽しめちゃう?カードゲーム女子会向けキラキラメイク

外はすっかり冬模様で、言われなくてもステイホームモード全開の今日このごろ。早いもので年末ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?今年2020年は外出が制限され、オンラインも(強制的に笑)推進された年でしたね!リモートワークにリモート飲み、様々な意見感想があるかと思いますが、筆者は嫌いではありません!また、大人数も楽しいですが少人数飲みも好きなタイプなので、それも全く苦になりません! ということで、年末年始もオンライン、またはリアル少人数女子会いくつか予定しています。ただこれ、何度か同じメンバーでやると、ネタがつきてくるんですよね。ただ、少人数で集まりを繰り返すと、どうしても話のネタがつきてしまいますよね…そこでちょっとユニークな提案になるのですが、ちょっと趣向を変えて、誰かの家に集まって「カードゲーム」なんていかがですか?懐かしのUNOなんかもいいものですが、ポーカーも楽しいですよ!次の飲み代かけたりすると、盛り上がります。スマホやアイパッドでカードを映しておけばオンラインでもできちゃいます! 前置きが長くなりましたが、今回はそんなポーカーナイトに合うメイクの提案です! すっぴんはNG!メイクから気分を上げよう 先日ご紹介したようなオンラインカジノで遊ぶならノーメイクでOKなのでいつも楽チンなんですがね…。オンラインカジノって、ライブカジノという、テーブルゲームが現地ディーラーとオンライン中継カメラでつながって遊べるゲームがあるんですが、あれもプレーヤー側の映像は向こうには見えません。だから完全に家モードOK、女子の皆さんもすっぴんで問題なしです。 でも、リアルの女友達と集まる場合はそうはいきません!やっぱり女子って、おしゃれしてこそ気分が盛り上がるものです。 おすすめはヌーディーなグリッターアイメイク グリッターメイクって、ひと昔前はクラブっぽいイメージでしたが、今は粒が小さくて上品なきらめきのアイテムが増えています。カラーシャドウに重ねるとちょっと古くみえがちなので、ヌーディーベージュやゴールドのシャドウベースに、透明ラメシャドウをまぶた全体に重ねて見てください。派手すぎず、特別感が出せるおすすめテクです! パステルも可愛い!冬こそあえて、カラーをポイントで取り入れても◎ ブラウン系や落ち着いた色のチョイスが増えがちになるこのシーズンですが、だからこそ、ポイントでカラーシャドウを取り入れてみてはいかがでしょうか?外出時はコートで全体的に重い印象になりますし、ニットもどうしても落ち着いた色になりがちです。 洋服で色を取り入れるのは冒険に感じても、アイシャドウでちょっとカラーを取り入れるのなら、気軽にできます。 パステルカラーの場合、定番は、まぶた全体に広げる塗り方。それだと腫れぼったく見えてしまう人は、まぶたの外側3分の1くらいの位置に、なじませるように置いてみましょう。目の際をブラウンで締めれば完璧です! それでも取り入れにくい場合は、上まぶたはシンプルなヌーディーメイクやブラウンメイクにし、下まぶたのキワ、外側3分の1くらいにアイラインのようにすっと入れると大人っぽく仕上がりますよ。色も、ボルドー、カーキなど、似合う色を見つけてみましょう。 いかがでしたでしょうか?特に今年は色々な変化があり、みんな、それなりにストレスの多い年だったことでしょう。こんな時こそ、ちょっと特別なメイクで年末年始を楽しんじゃいましょう!

化粧

吸うと気分が和らぐ!不眠にも聞くCBDのベイプ摂取

フレーバー付きのCBDリキッドを電子タバコのように加熱し、水蒸気にして、それを吸入するVAPE(ベイプ)。これが大きなリラックス効果があり、寝る前に吸うと睡眠の質も上がるとして、近年日本でも人気が急速に高まりつつあります。 CBDは大麻草の成分だが、安全 前述のCBDリキッドの主成分であるCBD(シービィーディー)とは、大麻草に100種類以上含まれるカンナビノイドという有効成分のうち、現在、最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物です。大麻草の効能として危険視されている精神作用は別の種類のカンナビノイド(THC)によるものであり、このTHCが含まれない限りCBD製品は日本でも合法であり、また、摂取によりハイになることもありません。 医療用大麻の研究が進むにつれ、この「CBD(カンナビジオール)」が世界中の医療関係者の注目を集めるようになり、研究が盛んに行われるようになりました。その結果、様々な効果が認められる臨床結果が実際に報告されています。 CBD製品は大麻草の茎および種子から精製されます。また、茎および種子のみから精製されたものが合法なCBDとなります。komorebi-cbd.jpにも詳しく記載がありますが、CBDには以下のような症状、疾患に効果があるとされています。 てんかん、うつ病、ストレス、不眠、統合失調症、アトピー性皮膚炎、摂食障害(拒食症)、薬物依存、アルコール依存症、強迫性障害、パーキンソン病 VAPEによる摂取は効率がよい? CBD の摂取には何種類か方法がありますが、CBDリキッドを蒸気摂取する方法は、効率が良いとされています。有効成分がいかに効率よく体内に行き渡るかを示した指標である『生体利用効率』が、約50~60%(経口摂取の約4倍近く)とされており、CBDはオイルよりもリキッド+VAPEによる摂取のほうがコストパフォーマンスも良いと言えます。 いまは商品も様々なチョイスがある 「オイル」に対して「リキッド」とは電子タバコ(VAPE)用の「専用液」のこと。電子タバコ(VAPE/ヴェポライザー)の人気も追い風となり、CBDリキッドの商品化も急速に進み、現在では実に様々な商品があり、フレーバーも楽しめます。CBDオイルは苦くてまずいのが難点なので、その意味でもCBDリキッドの気化摂取はお手軽でおすすめできます。 

化粧

オンラインカジノって何でしょう?

最近家にいる時間がいきなり増えて、時間を持て余しています。きっとそういう方、いまは多いですよね。。。まったく、自由に出歩けないし、仕事はみっちりあるのに息抜きできないし、ストレスがたまる一方です!在宅ワークで、自宅でパソコンで仕事していると、集中しづらかったりもしますよね。。。ついつい、コスメ記事や新作コスメチェック等、ネットサーフィンに精が出てしまう、そんな今日この頃です(笑) 筆者はオンラインゲームって自分ではやったことがなくて、完全に未知の世界だったのですが、最近面白いひまつぶしができるネットゲーム(?)を見つけてしまいました!それは、「オンラインカジノ」です。「オンラインカジノ」とは、その名前の通り、オンラインでカジノゲームがプレイできるプラットフォームを提供しているウェブサイトのことです。いままで全然知らなかったのですが、探してみると、実は本当にたくさんのオンラインカジノサイトがネット上に溢れていることに気が付きました。 オンラインカジノでできること オンラインカジノサイトでは、スロットやバカラ、ルーレット、ポーカーと言った、ラスベガスやマカオの本物のカジノの店舗で遊べるようなカジノゲームがプレイできます。ライブカジノと言って海外ので生中継をしているライブディーラーとビデオで繋がり本場さながらのプレイができるゲームもあります(これが全部自宅でパソコンの前から一歩も動かずにできるなんて…。すごい時代ですね)。そして、ここからが凄いのですが、なんとオンラインカジノサイト上でベット(お金を賭けること)してめでたくそのゲームに勝った場合、獲得した勝利金をキャッシュとして受け取る事も可能なのです。日本国内でこれをやると当然違法ですが、オンラインなので国内ではないとみなされる、そして運営元も海外なので違法ではないらしいです!なんと。。。びっくりですね。  どこのオンラインカジノサイトで遊ぶかは大事 オンラインカジノサイトは遊ぶ前にビギナー向けのオンラインカジノガイド等で念入りにリサーチし、慎重にサイトは選びましょう。オンカジは実は日本でもいま大人気で、ネット上にたくさんあります。日本語サポートもあり、日本語でも遊べるサイトであれば安心しがちですが、お金を扱うサービスですし、ほとんどのサイトは安心・安全とはいえ、まれに悪徳サイトもあります。初心者は特に気を付けましょう!

化粧

日本人女性ならではのメイクって?

某漫画では『平たい顔族』とも称され、当事者日本人も異論なく受け入れる凹凸なし顔の日本人…。悲しいかな、国内のファッション業界等でもメリハリがあって、かっこよくて、スタイリッシュに決まりやすい西洋人のモデルさんがもてはやされるのも、無理はありません。 でも、日本人女性の顔って、自分たちで思っているよりは、海外の人からみても魅力的なんですよね。色白で、肌が綺麗。それに、パーツが小さいからか?肌質のせいか?老化が進みにくい(人が多い)ので、若く見えやすいというメリットも。 やはり『隠すメイク』よりも、もともとの特徴や魅力を『引き立てる』メイクのほうが素敵だと思うんです。 だから、西洋人と比べると、凹凸が目立たない、パーツが小さい、まつ毛が短いといった欠点も『控えめで可愛い』として、肌のしろさ、綺麗さを活かした『ふんわりナチュラルメイク』が、一般的な日本人女性には合うでしょう。 不必要に陰影をグラデーションでつけずに、ふんわりと淡く仕上げる。グラデーションもおさえめにして、メリハリは軽くつけるイメージです。ハイライトやシェイディング、コンシーラーなどを駆使して欠点を隠し続けていると、どんどんすっぴんが嫌になり、メイクは楽しむものではなく、『必須のもの』になってしまいます。 『メイクは本来楽しみながらするもの』ということを忘れずに、隠しすぎず、引き立てるメイクを意識していきましょう! オススメの本:メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~ 内田 裕士著『メイクが喜びに変わる答え ~面倒、苦手、難しい、センスがない、そもそもやらない…すべて解決!~』は、メイクに悩む全日本人女性におすすめの本です。 『悩みを隠すのではなく、自分をそのまま楽しむメイク』を内田氏は優しい言葉で教えてれます。 本書には、自分のユニークな魅力を知るヒントになる、芸能人の顔をタイプ別に記した「魅力マトリックス」も収録されています。魅力マトリックスを使えば、理想の自分と実際の自分の違いを具体的にしることができます。対策が記されたページも含まれるので、実際に『現実的&実用的』な変身のきっかけにもできる本です! ぜひ本書を読んで、自分の魅力も欠点も『客観的に』見つめ直し、女性としての自身を取り戻し、顔だけでなく、心までをも美しく生まれ変わらせましょう!

化粧

2020年版☆人気の美容ブログ4選

美容情報って、芸能人のような自分とかけ離れた容姿の持ち主より、等身大の普通の人たちが発信しているブログ情報のほうが参考になりますよね。今回はおすすめ美容ブログを4つご紹介します! 社畜女子の美容ログ まずは、奈月さんが執筆されているこちら。自己紹介は『美容が大好きな社畜』と、なかなかインパクトあります。キャリア・転職相談にも乗っておられるキャリア女子な一面もお持ちで、プロフでも『「時短美容」や「手帳術」などが好き。』とおっしゃっています。定番コスメ&スキンケアアイテムだけでなく、シミ取りレーザー等の美容施術系の体当たりレポートに加え、時短家電アイテムなどの生活全体を効率化できそうな情報も満載です! 「雰囲気可愛く生きる」という、普通女子に訴えかけるキャッチコピーで、まさに実用的な記事をたくさんアップされています。 BIGLOBE Beautyブログ こちらはあまり知られていないのですが、BIGLOBE Beautyオフィシャルブロガーによる、ライフスタイルブログ。ライフスタイルと銘打たれていますが、蓋を開いてみるとほとんどレシピ記事&ネイル記事です(笑)このネイル記事がシンプルでセンスよく、取り入れやすいデザインなので参考になります! ~自分至上“最高の綺麗”を手に入れる~ 現役美容部員mikuの“BeautyCollege” 自身を『筋金入りのコスメオタク』と称す、現役美容部員mikuさん運営のコスメブログ。 『プチプラ&デパコスマットリップ』『涙袋メイクに使えるおすすめアイテム』など、テーマ別に丁寧にまとめられてます。記事は「パーソナルカラー」、「スキンケア」の2かてごりーに大別され、センス良いレイアウトで読みやすいサイトになってます! 年間2500人のメイク・スキンケアのカウンセリングを実施されており、プロ視点から、コスメ・スキンケア情報をシェアされています。『コスメコンシェルジュ』『化粧品成分上級スペシャリスト』の資格をお持ちなので、アドバイスや情報にも信頼がおけますね! 30代のための大人美容ブログ 1981年生まれのらいとさんがお送りする、「30代の大人美容ブログ」。スキンケアって、30代に入ってからの方が切実な問題なので、ターゲット年代を明らかにしてくれているのは参考になって助かる限りです。らいとさんは詩集を自費出版されていたり、文学派な一面もお持ちのようです。コンシーラーやアイシャドウ等のコスメからスキンケアアイテムまで、たんたんとレビューされています。特に資格等は記載ありませんが、等身大の目線がいいなーと、個人的には思います!

化粧

美容・健康家電をネットショッピングするならどのサイト?

みなさんは美容機器やヘルス機器を買う時、どのサイトを利用していますか?美容・健康家電って平気で何万円もしたり値段もはるからちゃんと比較したいし(価格比較サイトを利用するのがおすすめですよ!)、重くてかさばるものなら、自宅に送ってもらうのがいちばん! だから、オンラインでネットショッピングする人も多いのではないでしょうか? 価格面もネットショッピングが有利 美容家電は、家電量販店やディスカウントショップ、ドラッグストアや化粧品取扱店などの実店舗のほか、Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販のほか、メーカー直営ショップでも販売されていますが、この中でも販売価格が安いのは、ネット通販のサイトである場合が多いそうです!! まぁ、そうですよね。ネット通販なら、実店舗のように商品を陳列する空間も必要ないから家賃もないし、サービスする販売員さんも必要ないわけで、人件費もかなり浮きますもんね。経費削減できてますよね。その削減した分を、製品の販売価格をより下げることに回すことができるんですね。だからこそ、ネットショッピングって実店舗より安く販売することが可能なんですね。 楽天はポイントがたまりやすいイメージ? ポイントでいうと、やはり楽天がたまりやすいですよね。お買い物マラソンとか、ポイント○倍祭りとか、キャンペーンもしょっ中やってます。それに、品揃えもばっちりです。楽天カードやら様々な楽天のサービスと提携すると、雪だるま式にさらにポイントが溜まりやすくなりますから、「楽天派」という人はきっと多いでしょう。 Yahoo!ショッピングはどう? Yahoo!ショッピングと楽天市場では、実は同じ店舗が両方に出店しているケースが多く、どちらのサイトでも商品の値段は同じというケースが多いのです。ですので、同じ商品をよりお得に購入するには、ポイント還元率を比べます。ソフトバンクユーザーは、Yahoo!ショッピングなら還元率は最大で16%までアップするので断然お得です! アマゾンはどう? さて、残るEC大手といえば、やはりアマゾンです。アマゾンは残念ながら、ポイントはしょぼいですよね。ただ、筆者が思うにアマゾンの一番の利点って「返品しやすい」ところです。1ヶ月の猶予もありますし、ショップや商品によっては返金送料無料ですから。慎重派には良いと思います!!

化粧

ビューティー製品を買うなら価格比較しよう

みなさんは美容機器やヘルス機器を買う時、「価格比較」はしていますか?美容・健康家電の値段って、ほんっっとーに、バカにならないですよね。。。平気で数万円したり。でも背に腹は変えられず、買ってしまうわけですが。そんなお高い美容・健康家電、少しでも安く買いたいですよね! 私は、(美容・健康家電に限らないことですが)高価な買い物をする際には、必ず『価格比較』をすることをおすすめします。どうやってするのかというと、オンラインで簡単に&詳細に比較できるサイトが実はたくさんあるのです。 「詳細に」というのは、単なる値段だけでなく、ネットショッピングなら送料や、ポイントがたまる楽天やヤフーショッピングのようなサイトも比較対象なら、ポイントも加味してくれて、全体的にどこが『お得』なのか導き出してくれる、と言う意味です。 これは、使わない手はない!でしょう? では、具体的に比較サイトをいくつかご紹介します。 価格.com まず、「価格.com」です。何年か前までは、価格比較サイトといえばここしかありませんでした。いわば、価格比較サイトのパイオニア的な存在のサイトです。取り扱い商品は、美容・健康家電はもちろんおこと、パソコンや周辺機器、家具、保険、葬祭まで本当に多岐に渡ります。商品情報を知ることができ、価格比較できるほか、掲示板で情報交換も行えます。 1か月あたり約1,261万人の利用者がいるとされるメガサイトです。 ただ、売れ筋ランキングは実際に売れた数ではなく、独自のデータが元の「推定」であったり、価格情報も最新では無いなど、情報の信憑性にちょっと問題があるかもです。 最安サーチ.com 価格 比較サイト「最安サーチ ドットコム 」は、2017年2月にリリースされました。  「最安サーチ.com」では、大手通販サイトの商品価格をまとめて一斉比較でき、最安値を検索できるショッピング検索サイトです。 シンプルで慣れやすいインターフェイスで操作もかんたんです。ポイント、送料の計算も、こちらのほうが確認しやすい&信用できる情報かもしれません。 比較.com こちらはちょっとサイトが物足りないかな?くらいシンプルな、価格比較サイト。とにかくサイトのわかりやすさ重視の人にはおすすめできますが、ポイント等は加味されないようなので、値段重視の筆者(ほとんどの人はそうではないでしょうか)はちょっと。。。かな。

No Picture
化粧

日本人女性は美意識が高い?人気の美容&ヘルスケア製品は?

日本で生まれ育つと当たり前なのであまり意識しないものですが、実は世界でも有数の美意識の高さと言われている日本人女性。在日外国人にとった「美意識の高い国は?」というアンケートでも、1位は美容大国韓国に大きく差をつけてダントツで日本だったとか。 確かに、海外旅行になんか行くとよーくわかりますが、外国の女性って日本人女性ほど着飾っていたり、そもそもメイクもあまりしません。まあ、悲しいかな、土台の差もありますが…。しかし、日本人の平たい顔を差し引いても、ファッションや美容に対する情熱は群を抜いています。そこで当然、日本では美容&健康関係の製品も充実しています。 この記事ではそんな日本のビューティー&ヘルス製品をいくつかまとめます! 日傘、アームカバーなどの日よけアイテム まずは、軽いものから!日傘やアームカバーなんていうと、『え?そんなもの?』と日本人なら思うでしょう。でも、これって世界中で使ってるの、ほぼほぼ日本人だけなのです! だいたい、アメリカやヨーロッパの西洋の人は、日焼けしたい派が多いものです。確かに白人さんはこんがり小麦肌、よく似合いますもんね。わかります。素敵です。 ですが日本人は、なんといっても『美白命!!』近年はとくに、真夏はお肌への紫外線の影響を気にして日傘をさしている人が多いものです。アームカバーも、あれ、いいですね。最近つかいはじめました。そもそも諸外国ではあまり、日傘もアームカバーも売っていません。それと比べると日本の日傘をはじめとする紫外線対策のレベルの高さは、目をみはるものがあります。 以前はにほんでも、あまりガチガチに日焼け対策しすぎていると浮いたものですが、紫外線がどんどん強くなるばかりの今となっては、日本の徹底した「紫外線対策」製品の進化はありがたい限りです。そういう意味では、個人的には、どうしてサングラスは浸透しないんだろう…?と、常々疑問に思うところではありますが。 進化を続ける美顔器 続いては、美顔器!数年前までは、いまほど浸透しておらず、美顔器というとワンパターンのあのシャワーヘッドみたいのをくるくる。。。というイメージでしたよね。 どういうわけだか、ここ何年かで異様に種類が増えた気がします。画像は、ヤーマンの「メディリフト」。ここまでいくと、もはや仮面ですね。これ、気になるんですよねー。